よくあるご質問FAQ

ここでは、皆さまからよせられるご質問をまとめています。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

鉄筋コンクリート(RC)住宅について

鉄筋コンクリート構造は結露しやすいと聞きましたが。 
RCハウジングの工法は、他の構造で問題になる壁体内の結露は一切ありません。壁内部は断熱材とコンクリート躯体が一体となり、まったく空間が無いからです。
鉄筋コンクリート住宅の寿命はどの位ですか? 
鉄筋コンクリート造の法定耐用年数は47年です。ちなみに木造は22年であり、日本の住宅の中古市場が活発化しないのは大方のシェアをもつ木造住宅の寿命の短さによるところが大きいと言われています。
鉄筋コンクリート住宅は、屋上付きが多いようですが。 
鉄筋コンクリート住宅はその強靱な構造から、特別な構造補強をしなくとも屋上利用が可能です。防水もしっかりしているので、屋上緑化などにも適しています。鉄筋コンクリート住宅を選ぶ理由の上位に常に上げられるのが屋上の存在です。
鉄筋コンクリート住宅は寒いというイメージがありますが。 
コンクリート表面に触ったときのイメージでそう思われるようですが、断熱・気密性能の面から考えても、実際住むととても暖かい住宅です。是非一度実際の建物で実感してみて下さい。
最近何かと問題になる環境への配慮は鉄筋コンクリート住宅の場合どうですか? 
コンクリートの素材自体が自然界に豊富にある資源ですので、地球に大きなダメージを与えることはありません。また、RCハウジングの施工システムは、従来の鉄筋コンクリート施工と比較しても、型枠に木材を使用していなかったり、何度も再利用が可能であったりと、環境にやさしい工法といえます。しかもでき上がる建物は躯体寿命も長く、省エネルギー性能に優れているため、これからの環境に最も理想的な建物と言うことができます。
分譲住宅は造りが安っぽいイメージがあるのですが? 
RCハウジングの分譲住宅は、構造躯体においてはすべて注文でも分譲でも変わることはありません。また手頃な価格は、施工の合理化や、土地の有効利用によるところが大きく、むしろ他の構造による建て売り住宅に比較して高級感を感じる堅牢さがあります。是非一度完成物件をご覧下さい。
なかなか希望する場所での分譲がないのですが。 
常に、お客様に喜んでいただける企画を目指していますが、市場の状況でなかなかご要望にお応えできないのも現実です。分譲地情報はなるべく早めに発信するよう心がけています。これからも当社の情報にご注目下さい。
分譲住宅でもある程度仕様を変更することが可能ですか? 
完成してしまったものは困難な場合もありますが、計画・建築途中であればご要望になるべくお応え出来るような体制を整えています。